土地活用とサ高住!不動産投資

リアルに語る不動産投資

こんにちは、カケルです

今回は土地活用と介護施設について少し触れたいと思います

私は一棟マンションを9棟所有していますが 中には耐用年数は経過しているものの 高利回りでフル回転中なので 現時点では売却等は考えずに使い倒す戦略の物件もあります

最終的にこの物件は 容積率に余裕があるので 壊して新築で建てると今の倍の面積の建物が建築できる非常に面白い、オイシイ物件なのですが、、、ここで注意すべきはこのエリアの賃貸ニーズです

現在、このマンションは再生物件で 生活保護の方なども含め 比較的所得が低い方向けに家賃設定していますので 新築で立て直した場合などは 入居者層のターゲットが変わってきます なので再度現地のヒアリングを含め 賃貸ニーズの確認が必要だと思います

もし そういった新築マンションニーズがない場合、、、それはそれで新たな選択肢が広がります!!

一棟マンションが建っているのに容積率に余裕があるような土地面積をどのように活用するか、、、賃貸ニーズが難しければ、介護施設などもありますよね

老人ホームだと参入のハードルは高くなりますが サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)だとハードルはそれほど高くありません

一般的な賃貸物件では入居が望みにくい郊外などのエリアでも サ高住であれば入居は望めるという傾向はあります ただし 周辺環境のチェックが必要です

サ高住に入居するのは比較的健康状態がいい高齢者であり 当然外出もあるものですから 近くにスーパーやバス停などのインフラは必要だと思っています

自然の中で空気がおいしく環境が良いだけだと サ高住は埋まらないかもしれませんね

因みに サ高住や住宅型老人ホームを建設する場合、、一定の条件を満たせば補助や融資制度が利用できます こういった制度を上手く活用すれば バリアフリーの設備などで高額となりがちな高齢者向け施設でも 一般的な賃貸物件より安く済む場合もあるようです

新型コロナウイルスなどの影響でサ高住ニーズに今後どのような変化があるかは分かりませんが 介護施設など補助金などを上手く利用する土地活用は選択枝の1つとして面白いかもしれません

ではでは、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました