ちゃんと知っていますか!?3種類の都市計画区域

不動産投資の基礎

こんにちは、カケルです

日本の国土は都市計画法によって「都市計画区域」と「都市計画区域外」に分けることができます

そもそも都市計画区域とは、、、

都市計画法によって都市施設計画や土地利用の規制対象となっている区域で 自然的又は社会的条件、人口の増加、産業の育成などを考慮し 開発や保全の必要があると地方自治体によって判断された区域となります

都市計画区域は3種類ありますし 物件マイソクに表示され目にする機会も多いです という訳で今回の基本シリーズでは都市計画区域について説明します

【都市計画区域は3種類!】

都市計画区域は 市街化区域市街化調整区域非線引き区域の3種類に分けられます

《市街化区域》

市街化を優先的に進めている地域で 既に市街化され又は10年以内に市街地の形成が見込まれている区域です さらに、市街化区域の中で「○○住居地域」「商業地域」「工業地域」といった用途を制限した区域に分別され この用途により建蔽率や容積率の制限範囲が異なります

《市街化調整区域》

市街化区域とは逆に市街化を抑制するべきとされた、自然環境を保全することが目的とされた区域です なので 原則的に下水道や道路の整備等も行われませんし 農林漁業を営む人の住居など一部の例外を除いて 建物の建設もできません

《非線引き区域》

都市計画区域の中で 市街化区域、市街化調整区域のいずれにも分別されていない区域です

因みに政令指定都市では 市街化区域と市街化調整区域を必ず設定することになっています 大都市ではない地方の場合には 地域内に自然環境と住環境が混在していることが多いという理由で市街化区域等を設定していない地域もあります

非線引き区域は都市計画区域内にありながら 区域区分の外にあるため 土地利用に関する規制が緩やかなのが特徴です

用途についても 定められている場合もあれば 定めのない場合もあります


これは今月取得したRCマンションの概要です

都市計画欄に非線引き、用途地域に第1種住居地域の記載がありますが どのような場所かザクっとイメージが湧きますか??

言うなれば 政令指定都市などの大都市ではなく少し離れた郊外又は中小都市であり 第1種住居地域の用途指定がありますので ライフラインなどは問題ないといったところです

話は完全にソレますがこの物件はオーバーローンで取得しました!楽待コラムで紹介していますのでよかったら読んで下さい(^^♪

さて 今回は都市計画区域の種類について説明しました

非線引き区域など 開発に関して市街化区域や市街化調整区域より制限が緩いので 物件の売買はもとより 建物建設においても有利に作用します

ただ、非線引き区域で電気や上下水道、道路のような都市施設が整備されていないところも多くありますので 要確認ですね

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました