DIYでトイレをバージョンアップ その2

リノベーション

こんにちは、カケルです

以前の記事で紹介したとおり 昭和レトロなトイレを令和スタイルにバージョンアップしています

昭和レトロを象徴するトイレはこちらです スナックとして使用されていた4店舗のトイレをまとめてバージョンアップする計画です

懐かしのタイルに囲まれた段差のある和式トイレをどのようにバージョンアップしていくか 前回の記事ではその方向性までお示ししました

バージョンアップは以下の項目ですすめます!

段差を無くしウォシュレット付き洋式トイレへ
床はクッションフロア、クロスは張替え
タイルの部分はDIYでペイントを!

作業に伴い タイル部分のペイントは専門店に問い合わせをし 専用塗料で下地塗りを1回、上塗り2回を実施 溝部分の仕上がりは保証できませんといった回答まで頂いていました

 

今回は専門店の指示に素直?に従い、、、

下地剤として⇒フレッシュスタートハイハイディングプライマー
上塗り用として⇒リーガルセレクト(スーパーホワイト)

を購入!2日に分けて作業を致しました

トイレは事前に業者に依頼し 段差を崩してフラットにし クロスとクッションフロアの張替えまで終わっています

ではいよいよ このタイルをスーパーホワイトに仕上げます!!

4部屋分のトイレがありますので 1日目はマスキングを行うと共に 下地材を塗るところまで終わらせる計画です

最も丁寧に行うべきはマスキング!クロスやクッションフロアが完成しているだけあって緊張感をもって作業しました

マスキングテープと養生テープを駆使し ひととおりマスキングを終了、、いよいよ下地材を塗っていきます。

下地材は贅沢に使用し 専門店の方が危惧していたタイルの溝にも思いっきり塗り込みました

タイルはそもそもペイントには向いていませんので この下地剤をしっかりと塗ることがいいスタートを切るポイントだと思います

半日かけてしっかりと塗り終えました

ここまでは順調ですね 翌日はいよいよ スーパーホワイトで上塗り2回です

専門店が指摘するタイルの溝についても 丁寧な作業と塗料の塗布量でクリアしようと思っています その様子はまた次回

ではでは、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました