定期借家契約の理解とリスク回避

不動産投資の基礎

こんにちは、カケルです

今回は 不動産投資の初心者の人向けの記事ということで「定期借家契約」について説明します

賃貸借契約をする場合の多くは「普通借家契約」を行うのが一般的ですが 入居者とのトラブル回避や 一定期間のみ賃貸物件として活用したい物件がある場合などに定期借家契約を利用したりします

定期借家契約とは、、、ズバリ、定めた期間が過ぎるとその時点で契約が終了する賃貸借契約のことです

普通借家契約では 借主保護の観点から 契約期間が過ぎても貸主が強制的に入居者を退去させることは原則としてできません 契約の更新がなされなかったとしても 借主が入居継続を希望すれば 借主はそのまま入居継続が可能なのです 貸主からの解約は 正当事由がない限りできません

一方でこの賃貸借契約が定期借家契約であれば、、、たとえ正当事由が存在しなくても貸主が契約終了の通知を定められた期間に通知することで 契約を終了することができます

冒頭で申し上げましたが 定期借家契約はトラブルが想定される入居者の場合などには有効です 実際に 私が管理する物件にもトラブル等が予想される方の入居申し込みがありました その方とは現在 定期借家契約を結んでおり リスクに備えているところです

参考ですが 契約終了する場合は 契約期間が1年以上の場合は貸主は契約満了の1年前から6カ月前までに 借主に契約を終了する旨の通知が必要となります

因みに 借主と貸主が合意すれば 再契約は可能です 個別ケースを見極めて 場合によっては定期借家契約を選択することは リスクをコントロールする上で必要なことですね

ではでは、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました