太陽光発電最盛期突入!!!

太陽光発電・その他投資

こんにちは カケルです!!

2012年に参入した野立て54kw太陽光発電ですがこちらの4月度の月次結果がでて参りました!!

発電量8325  48kwh  売電金額366321円 設置して8年経ちますが性能は維持されておりますし 入居、退去、原状回復、客付を繰り返す不動産賃貸業に比べると安定性は抜群であります

 

また太陽光発電は暑い日が多い方がいいのでは? と思いがちですがコレは一概に言えず、、、太陽光発電量の1年間の変動についてシェアします

 

太陽光発電は「〇〇kW(キロワット)」という単位で容量(出力)の大きさが決まり、出力が大きいほど多くの発電量が得られます

 

1キロワットあたりの年間発電量は地域ごとに異なるものの900~1400kWh程度で、単純に365日で割ると一日あたり1kWで2.5kWh~3.8kWhの電力が得られることになります

 

一方ご想像の通り、日射量が主に関係してくる太陽光発電の発電量は月ごとに出力が変化します

 

月1日の発電量 (キロワットあたり)

1月  2.86kWh/日 

2月  3.28kWh/日 

3月  3.50kWh/日 

4月  3.90kWh/日 

5月  3.90kWh/日 

6月  3.29kWh/日 

7月  3.48kWh/日 

8月  3.76kWh/日 

9月  3.40kWh/日 

10月 3.20kWh/日 

11月 2.70kWh/日 

12月 2.65kWh/日

 

日射量 (kWh/㎡) 発電量 (kWh/kW)

month 日射量 発電量

1月  3.14  2.86 

2月  3.37  3.28 

3月  4.07  3.5 

4月  4.39  3.9 

5月  4.53  3.9 

6月  3.93  3.29 

7月  4.3  3.48 

8月  4.64  3.76 

9月  3.82  3.4 

10月 3.72  3.2 

11月 3.04  2.7 

12月 2.91  2.65

一日当たりの平均日射量と発電量(全国平均)

日射量が高い8月が必ずしも発電量が多い月ではありません 夏になると強い日差しにうだりながらも、太陽光パネルを見るとたくさん発電しているだろうと考えますよね

 

実際日射量が一番多い月は上の数値でも確認いただけるように8月となっています

しかし発電量を見ていただくと8月よりも4月や5月の方が伸びています、どういうことでしょうか

 

実は、太陽光発電はパネルの温度が上昇することでパフォーマンス、つまり発電量が大きく落ちてしまう特徴を持っています

 

そう、ソーラーパネルだって夏バテするのです ですから太陽光パネルの設置、電力会社との連携するタイミングを考慮し1年間の中で最盛期を刈り取れる準備が必要です

 

キャッシュアウト、キャッシュインのタイミングを意識すると安定的な経営に繋がりますね

それではまた、、、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました