2020年度 太陽光売電(買取)価格、条件決定!

太陽光発電・その他投資

こんにちは、カケルです!

2020年2月4日に、調達価格等算定委員会で2020年度の売電価格(買取価格)についての委員長案が公開されました

毎年委員長案通りになっているので確定と捉えていいとおもいます

また、2020年度にはFIT制度が終了するという噂がありましたが、太陽光発電はどの区分でもFIT制度が維持されました

しかしながら発電区分によっては厳しい条件が付きました それぞれの発電区分について以下の通り

住宅用 10kW未満(住宅用)の売電価格は全国一律に戻りました 2019年度は出力制御対応機器対応可能か?否か?で買取金額が変更になっていましたが 2020年度 21円(税込) 10年 となり 2020年度には全国一律の売電価格になります
産業用 10kW以上50kW未満は2点の活用要件が義務付けられました 2020年度は10kW以上50kW未満の太陽光発電は強く制度変更の影響を受けます 活用要件という条件を満たさないと、制度を活用しての売電はできません

 地域活用要件は次の2点です

地域活用要件①:余剰売電であること
地域活用要件②:災害時に活用できること

《戦略の方向転換》

この要件設定により私、当社としての2020年度以降からの新規野立て低圧太陽光発電事業、このスタイルでの投資は終了、 大きな制度変更がない限り工場も所有しているわけではないので余剰売電という条件はかなりハードルが高いといえます

もちろん低圧型スタイルは今までも議論も問題提起もされてきたので対応策として準備して参りました

私としても方向転換し住宅用に活路を見出し先月設置完了しました 太陽光はガッツリ儲ける時代からプラスアルファの時代に変更になりましたので戦略、戦術を整理していきます

それではまた、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました