DIYでトイレをバージョンアップ!その1

リノベーション

こんにちは カケルです

今回は昭和のレトロなトイレを令和的なトイレにバージョンアップしようと思っています

現在、テナント(部屋)→レジデンスへコンバージョン中ですが そのトイレが今回のバージョンアップの現場になります

4部屋とも以前はスナックとして稼働していました

段差のある和式のトイレで 昭和を思わせる懐かしのタイルに囲まれて、クロス部分の独特な雰囲気を出していますよね

 

この昭和レトロをどのようにして令和スタイルに変えていくか、、、

✔和式トイレからウォシュレット付き洋式トイレへ

✔段差をなくしフラットへ

✔床にはクッションフロアを

✔タイル部分はDIYでペイント

こんな感じでバージョンアップを考えています

 

さてさて タイル部分のペイントについてDIYで対応しますので少し詳しくシェアします

タイルはただやみくもにペイントするだけでは 元々の色が浮き出たり、ペイントが簡単に剥がれたりなど、、、失敗する例がたくさんあります

 

ネットなどで調べたら下地剤を塗ってペイントするのが一般的なようですが、念のために 正しいペイントの手順を専門店に問い合わせてみました

色々と丁寧に教えて頂き 結果は次のようになりました

まず下地材(万能プライナー)を塗ります
その後 専用の上塗り用ペンキで2度塗りします
タイルの溝の部分は ペンキが馴染みにくいので綺麗に仕上がる保証はありません

 

【おすすめの商品】

下地剤(万能プライナー)

⇒フレッシュスタートハイハイディングプライマー

  • 0.9ℓ缶(10㎡)  3,700円
  • 3.8ℓ缶(40㎡) 10,100円

 

上塗り用(2度塗り)

⇒リーガルセレクト

  • 0.9ℓ缶(5㎡×2度塗り)  4,100円
  • 3.8ℓ缶(20㎡×2度塗り)12,100円

 

溝部分の仕上がりに不安があるようなので 今回は溝と同じ白でペイントし 少しでも溝部分が目立たないように仕上げようと思います

4部屋ありますが タイル部分は合計で約27㎡ありますので 注文するのは

下地材  3.8ℓ缶×1

上塗り用 3.8ℓ缶×1 0.9ℓ缶×2

といったところでしょうか 合計価格で3万400円(税抜き)です

 

次回は、トイレDIYの進捗についてはまたシェアしますね 

では。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました