不動産を購入する際にかかる諸費用

不動産投資の基礎

不動産を購入する際には物件価格以外にも様々な費用がかかります

この諸費用は融資でオーバーローンを得ない限りは手出しとなる部分です

また実質利回り計算などでも必要です

という訳で今回は 不動産購入時の諸費用について説明します

不動産購入時の諸費用

仲介手数料

これは物件購入の仲介にあたった不動産会社への手数料になります

基本的には

 物件購入×3% + 6万円

が上限となっています

プラスこの金額に消費税がかかります

印紙代

不動産売買契約書には収入印紙を添付する必要があり 少なからずこの印紙代がかかります

物件の金額によって印紙代は異なりますが、1万~10万をイメージしておくと良いでしょう。

この印紙代は、売主と買主が折半するケースが一般的のようです

司法書士手数料、登録免許税

不動産を購入すれば所有権移転をするわけですが、その際は司法書士に依頼しなければなりません

この手数料は登記の種類や数、依頼する司法書士により差がありますが 10~20万くらいでしょう

また 登記にかかる税金が登録免許税です

登録免許税は固定資産税評価額に対して2%かかってきます

不動産取得税

不動産取得税は後日請求があります

購入後半年ほど経過して物件のある都道府県から送られてきます

評価額の4%の費用がかかりますので、現金をちゃんと残しておきましょう

その他の費用

その他かかる費用でいえば 銀行融資の際にかかる保証料や物件の火災保険料などがあります  また物件のリフォーム代などもかかる場合があります。

 

今回は不動産購入時にかかる費用について説明しました

シミュレーションする場合は 概ね物件価格の7%で計算すると良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました