サブリース方式のメリットと落とし穴

不動産投資の基礎

こんにちは、カケルです

今回は不動産投資を始める方向けの記事ということで「サブリース方式」について触れたいと思います

サブリース方式とは、、、物件のオーナーが直接入居者と賃貸借契約を結ぶのではなく サブリース会社が一括で賃貸住宅棟の建物を借り上げて 個々の入居者に転貸する方法です

 サブリース方式は サブリース会社から決められた時期に一棟分の家賃が入るため 収支管理がシンプルとなります 

また 空室・滞納リスクについても回避できると共に運営管理の負担や入居者トラブルも回避でき 訴訟対応等についてもサブリース会社が対応します

この部分だけみると サブリース方式を選択することで安心して借入等の返済が行われ 利益もコンスタントに生まれてくるように思えますが、、、数年前にはマスコミがサブリース方式の落とし穴として 大きく取り上げた時期もありました

ズバリ、サブリース方式で注意すべきは 「家賃が固定ではない」という点です

契約期間中に固定だと思って家賃収入を計算し シミュレーションの結果大きく黒字運営が可能と見立てたとしても 家賃は周辺の家賃相場や空室率等に応じ改定されるのです

その結果 思うような収入が得られず 場合によっては借入金返済が滞るといった大きなリスクが潜んでいます

また サブリース会社が倒産すれば サブリース契約は解除され 敷金返還等の入居者への債務を引き受ける場合もあります

いずれにしても サブリース方式を検討する場合はメリット・デメリットを理解し 周辺マーケットや競合物件を調査の上 家賃改定リスクを視野に入れてサブリース方式を選択する必要がありそうです 

ではでは、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました