不動産売買における両手取引き

不動産投資の基礎

こんにちは、カケルです

皆さん、両手取引きをご存じですか

不動産の売買において 仲介店は大きな利益がでる両手取引きを好みます

不動産物件を購入する我々大家も両手取引きのシステムを理解し

仲介店の考え方なども知っておく必要はあります

【両手取引きとは】

不動産売買において仲介店は 片手取引きと両手取引きがあります

仲介店の立ち位置で考えて頂くと分かりやすいと思いますが 売り手と買い手の両方の口利きをして仲介することを両手取引きどちらか一方を仲介をすることを片手取引きといいます

どちらが仲介店にとって利益があるか、、、当然 仲介手数料を2箇所から受け取ることができる両手取引きがいいに決まっています

【不動産売買における仲介手数料】

不動産売買における仲介手数料がいくらくらい発生するのかを知っておく必要があります これは法律で上限額が決まって基本的には下記のとおりです

取引額※(売買金額)

上限額

200万円以下

5%

200万円超~400万円以下

4%+2万円

400万円超

3%+6万円

両手取引きの場合には 仲介手数料が割り引かれる条件に合致し 通常の仲介手数料より一定の値引きがなされるケースが多いですが それでも両手取引の方が圧倒的に利益となるのです

 

また 両手取引きは物件売買を仲介する不動産会社側で情報の取りまとめが行われます。

そのため 売主にとっては ネットワークが充実した大手不動産会社仲介を選択した方が スピーディな展開が期待できるでしょう

いずれにしても 不動産売買をすすめる上で 両手取引きの仕組みを理解しておくことは必要です

コメント

タイトルとURLをコピーしました