賃貸物件のランニングコスト

不動産投資の基礎

今回は 賃貸経営における主なランニングコストについて説明します

ここで確認するランニングコストはOPEX(運営費)のことで 管理委託費、管理費・修繕積立費、固定資産税・都税、水道光熱費、リース料等のことです

家賃総収入の概ね15~20%にあたる費用です

キャッシュフローの計算でも必要になってきます

ランニングコスト

管理委託費

管理委託費とは不動産管理会社に管理を委託する場合に支払う費用です

家賃の徴収やクレーム処理、入退去時の立会いなどで、相場は家賃収入の5%となります

クレーム処理や滞納の徴収など自分自身で行う手間を考えれば、プロに任せる方が良い場合も多いです

管理費・修繕積立費

区分マンションなどを購入した場合には 管理組合に管理費を収める必要があります

この管理費は公共部分の清掃費やエレベーターなど保守点検費等の経費が含まれています

また 管理費は値上がりする場合もありますので その点は注意してシミュレーションを組み立てる必要があるでしょう

修繕積立費は その名のとおり修繕のための積立費用です

自身で1棟買いをした場合には 修繕費の積立てを忘れないようにしましょう

固定資産税・都市計画税

固定資産税は土地や建物にかかる税金で 都市計画税は市街化区域内の土地や建物にかかる税金です

いずれも、固定資産税評価額を基準に算出され 年4回にわけて納めます

固定資産税は評価額に1.4% 都市計画税は0.3%なので 合計で1.7%で計算するとよいでしょう

実際には軽減特例があるので もう少し下がると思われます

コメント

タイトルとURLをコピーしました