マンション管理士ってどんな資格?どんな仕事?

不動産投資の基礎

こんにちは、カケルです

 

今回は不動産投資の基礎シリーズとして 「マンション管理士」の資格について説明します

 

マンション管理士は2001年、マンション管理適正化推進法によって誕生した国家資格です

 

いったいどんな仕事か、、、マンション管理士とは マンション管理組合の運営、大規模修繕工事、管理規約の改正など様々な問題や課題に対してアドバイスをする仕事です

 

具体的に触れると次のとおりです

【管理組合の運営や会計管理】

マンション管理組合の運営に関わりを持ちます マンション管理組合とは 分譲マンションを購入した人たちで構成している組織であって 管理組合の設置は法律で義務付けられています マンション管理士は、この管理組合において 管理費、修繕積立費の会計監査 総会や理事会の運営等についてサポートします

 

【建物の大規模修繕工事】

建物は当然に経年劣化をするもの、、、例えば外壁塗装のひび割れなど生じた場合 放置しておけばリスクが広がります そのため 定期的に大規模な修繕が必要となり その取扱いや施工業者選択など様々な手続きがマンション管理士のアドバイスを元に進められていきます

 

【管理規約の作成・改正】

分譲マンションでは 区分所有法という法律に基づき「管理規約」という様々なルールが定められています 管理規約には共用部分の範囲や使用方法をはじめ 管理組合の運営に必要なことが規定されており その改正には総会での決議が必要です マンション管理士は 管理規約の作成・改正の際にもアドバイスをするなど深く関わります

 

その他にも 住民間のトラブル解決や管理会社の監督など マンション管理に係る様々なことにマンション管理士は関わっていきます

因みにマンション管理士の受験者数は 実は減少傾向にあります

しかしながら 今後さらに築年数が経過したマンションが増えていくことから受験者数とは逆行し需要は期待できる資格と言えるでしょう

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました