世界の不動産投資の状況

リアルに語る不動産投資

こんにちは、カケルです

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言が全都道府県で解除され2カ月を経過しますが 今月から増加が確認され始めた感染者数の推移は依然として高止まり傾向にありますね (というか、かなり増えていますね)

さてさて、日本の賃貸不動産業のコロナの影響については 皆さんも体感されているとおりですが、今回は世界の不動産業にちょっと目を向けてみます

不動産ブローカーの英ヴィルズがまとめたデータが記事にされていたのでご紹介します

世界の不動産投資は1~6月(上期)、前年同期比33%減少、新型コロナウイルスのパンデミックにより経済に大打撃を与え取引の混乱による
最も大きな落ち込みはアジア太平洋地域の45%減、米州は36%減、欧州・中東・アフリカは19%減
各国のロックダウン(都市封鎖)で観光業が数カ月にわたり事実上ストップしたことから ホテル投資は59%減少、小売り不動産で41%減少だったが住宅不動産は比較的良好
 市況がはっきりするのを投資家は待っており、年内は投資が「パンデミック前の水準を大きく下回り続ける見通し」と指摘、ただし物流や住宅、ライフサイエンスなどの分野での資産確保重視により、一部セクターで好調が見込まれるとの見解もあり

上記のとおり 世界的に落ち込みを見せ 一部セクターを除いて投資家の定点観察も行われている様子です

日本も緊急事態宣言で観光業をはじめ 多種事業が事実上ストップしていた訳ですから 上期の状況は世界のそれと大きな違いはないでしょう

しかしながら 私としましては アフターコロナ、ウィズコロナである現在においては 市場の定点観察を行うとは別に 「新規物件の取得そして新しい引退業のスタイルやその周辺事業にチャレンジしていくタイミング」と位置づけて 機会を伺っているところでもあります

実際に先日10棟目を決済しました

日本も1日の感染者数過去最多を更新するなど 予断を許さない状況で新型コロナの影響はまだまだ続きますが 歩きながら考えるスタイルで 前進します!

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました