国内移動全面解禁!

リアルに語る不動産投資

こんにちは!カケルです!

6/19新型コロナウイルス対策として政府が制限をかけていた県をまたぐ移動が全面解除されました

ここから半年はウィズコロナとなりそうでコロナウイルスに注意を払いながら どのように経済を回していくのか 試されているタイミングです

そんな中で政府が景気対策の目玉として掲げているGo To キャンペーン事業についてシェアします

【Go To キャンペーン事業とは?】

「Go To キャンペーン事業」とは、新型コロナウイルスの影響で経済的に大打撃を受けた観光業や飲食業、イベント・エンターテインメント事業などを支援し、さらに需要を喚起するために行われる取り組みです

災害等により旅行客が減少した地域の活性化のために行われた「ふっこう割」と同じような施策で、今回は日本中を対象として1兆7000億円規模の予算が投入され実施されます

【Go To Travel キャンペーンとは?】

「Go To Travel キャンペーン」は、旅行会社や旅行予約サイト等を通じてキャンペーン期間内に旅行予約をした場合に、その代金の2分の1に相当する金額が支援されるというもので支援額の上限は、1泊1人あたり最大2万円分、日帰りは最大1万円分が予定されています

支援額の7割は旅行代金の割引、残りの3割は旅行先での飲食や観光施設、お土産を購入する場合に使える「地域共通クーポン」として付与されます

なお、キャンペーンの対象となるのは旅行代理店や旅行予約サイト等を通じて予約するパッケージツアー(日帰り含む)など、宿泊と交通機関がセットになった旅行商品です

個人で交通機関・宿泊を個別手配する場合は宿泊料金は対象になりますが、交通機関は割引の対象にはなりません

【Go To Travel キャンペーンでどれくらいお得か??】

Go To トラベル キャンペーンで、旅行はどれくらいお得になるでしょうか?現時点で分かっている情報をベースに紹介します

例えば旅行会社を経由して1泊2日、30,000円のパッケージツアーを予約した場合、半額に相当する15,000円分が支援されます

15,000円の内の7割にあたる10,500円が旅行代金から割引、残りの4,500円が地域共通クーポンで付与される計算になります

もし1泊2日で50,000円のツアーを予約した場合、旅行代金の半額は25,000円ですが支援額は1泊の上限である20,000円分。ただし、2泊3日で50,000円のツアーの場合は1泊あたり25,000円となるため、その半額の12,500円×2泊で25,000円が支援されます

日帰り旅行はの支援額の上限は1万円です

9000円のバスツアーに参加した場合は その支援額は半額の4500円となります

 

それだけではない!!他にもキャンペーンがあります!!

【Go To Eat キャンペーン】

キャンペーン期間内にオンライン飲食予約サイトを利用して飲食店を予約、来店した場合に、飲食店で使えるポイントが一人あたり最大1000円付与されるもので登録飲食店で使える、2割相当にあたる割引券がついた食事券も発行されます

【Go To Event キャンペーン】

チケット会社を利用して期間中にイベント・エンターテインメントのチケットを購入した場合に、2割相当分の割引・クーポンなどが付与されます

【Go To 商店街 キャンペーン】

商店街でイベント開催や観光商品の開発など、新たな取り組みが行われます

今回 全国移動は解禁されましたが海外からの渡航客が来るタイミングはまだまだ先です

解禁されたとはいえ 現在自力でホテルや飲食店の稼働率や賑わいが戻るのは難しそうです 

その中で地域へ、、全国へ、、ヒトが、、経済が、、 循環していく良い施策だと思います

政府もこの事業の透明性を担保して地域観光の火を消さないようにして欲しいと思います 何のための政策なのか? 誰のための施策なのか?よく考えて欲しいですね

それではまた、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました