いきなり!瀬戸際!! さよなら!ペッパー君!!

リアルに語る不動産投資

こんにちは!カケルです!!

ペッパーフードサービスは事業のリプライニングを図るため 虎の子の「ペッパーランチ」事業を東京の投資ファンド「JーSTAR」におよそ85億円で売却するとのことです

そしてその資金をもとに国内で展開する「いきなり!ステーキ」と「ペッパーランチ」の合わせて114店舗を閉鎖し、200人程度の希望退職も募集するとしています

また現在海外事業の4つの店舗を展開するアメリカのニューヨークからも完全に撤退することも決めました

ペッパーフードサービスは、立ったまま手軽にステーキを食べられる「いきなり!ステーキ」を平成25年にオープンし、全国に事業を拡大しました

しかし、急速な出店で近隣の店舗が競合するカニバリが発生して収益が悪化し、また追い討ちをかけるように新型コロナウイルスの感染拡大で多くの店舗が休業に追い込まれ、業績不振に拍車がかかっていました

会社では、事業を売却して得る資金などを使って、「いきなり!ステーキ」の事業の立て直しを急ぐことにしています

【ペッパーフードサービスとは】

ペッパーフードサービスはステーキチェーンの「いきなり!ステーキ」や「ペッパーランチ」などを展開する外食チェーンで、去年12月期のグループ全体の売上は675億円ほどになります

「いきなり!ステーキ」は平成25年に東京 銀座に1号店をオープンしアメリカ産牛肉のステーキを立ったまま手軽に食べられるスタイルが話題となり、その後わずか6年で全国におよそ500店舗を展開しました

平成29年には、ステーキの本場、アメリカのニューヨークにも進出し、翌年には日本の外食産業として初めて、アメリカの新興市場、ナスダックの上場を果たしましたが 国内でも海外でも事業が軌道に乗らず、1年足らずでナスダックの上場を廃止しました

一方、「ペッパーランチ」は、鉄板で牛肉とライスを独特のスパイスで調理した看板メニューを中心に、低価格でステーキを提供する外食チェーンです

「ペッパーランチ」事業がグループの売り上げに占める割合は13%ほどですが、収益が比較的安定していて利益率は客離れが進む「いきなり!ステーキ」のほぼ2倍です 収益性の高い事業だと言え グループの生命線となっています

【虎の子の売却!!】

今回はグループの生命線であるペッパーランチを売却するしか、、、方法がなかったというのが結論。。。

そして私は食肉卸、食肉加工業であるエスフーズにM&Aしてもらいたかった!!

ストレートにいうと『いきなり』事業も『ペッパー』事業も美味しいお肉が手ごろに食べられるというベーシックなビジネスモデルですので参入障壁が低い事業だと言えます

ですから川上から川下まで素材からレストランまで押さえて面で取る戦略で戦ってほしいと思っていました 素材のシェアを獲得すると必然的にレストランのステーキ単品の価格がコントロールできる訳です 

そうなるともっと安くステーキが提供出来き 販売量が増えると更に素材のシェアが獲得できる善の循環に入る訳です その意味でもエスフーズがM&Aしてほしかった。。。

エスフーズは丸紅の関連会社でもあるのでもしかしたら丸紅がコロナ影響を受けてそれどころではなかったということかもしれません

エスフーズとしては逃した魚(肉)は大きかったということにならなければ良いのですが、、、、(^^)

それではまた、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました