遂に破産!!カプセルホテル ファーストキャビン関連5社 負債37億円

リアルに語る不動産投資

こんにちは!カケルです!!

 

小型、都市型、リメイク型といった時代の雄ファーストキャビンが破産申請しました

 

(株)ファーストキャビン(資本金11億9500万円、千代田区紀尾井町3-6、代表岸田登氏)と関係会社4社は、4月24日に東京地裁へ自己破産を申請しました  

 

(株)ファーストキャビンは、2006年(平成18年)7月に設立した簡易宿泊施設の企画、経営 「FIRST CABIN」(ファーストキャビン)の屋号で高級感を持たせたカプセルホテルを企画、運営し、2019年末時点で直営・FC合わせて全国に約26店舗を展開 サラリーマンなどの日本人客を中心に、インバウンド需要による外国人需要も大幅に増加、2017年3月期の年収入高は約15億7900万円を計上していました

 

しかし、近年は民泊施設の普及などで宿泊施設間の競合が激化、当社においても急激な店舗拡大に対して、稼働率が計画を下回るなど業績悪化を招き、人件費が負担となったこともあり、営業段階からの赤字に転落していました

 

また、近時は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、インバウンド需要が低下、国内旅行客の減少の煽りも受け、当社の稼働率も前年の10%程度にとどまるなど急速に事業環境が悪化していたようです

 

各ホテルを休業させる一方で、スポンサーによる資金支援も検討したようですが、事業再開のメドが立たないことから頓挫、資金繰り悪化が顕著となり、今回の措置となったようです

関係会社の(株)ファーストキャビン開発等も同様の措置となっており 負債は5社合計で約37億円が見込まれています

なお、FC店においては、各社の判断でホテルの営業を再開する可能性があるようです

直近では稼働率が10%程度であったようですが直近決算でも赤字でしたね

2019年3月期決算書によれば売上16億円 たった営業41万円。。。。最終的には8300万円の損失

最近の事業でいうと殆ど儲かっていない直営カプセルホテル事業を展開し そのビジネスモデルをFC契約で全国展開し FCビジネスからの収益で何とか場を繋いでいたようです

これは化けの皮が剥がれたという感じでしょう

 

大手電鉄系もFC契約を結んでいましたが決算書を見ないで 財務状況を確認しないで契約を結んでいたのでしょうか? 実業の能力が試される時代となりました!!

最後までの勝ち残れる実力と耐力を身につけましょう!!

それではまた。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました