コストを抑えよう!電気代編

リアルに語る不動産投資

こんにちは、カケルです

 

新型コロナウイルスの影響により 社会全体が深刻な被害を受けている中で 我々大家業も数少ないできることを確実に履行していく必要があります

 

現在検討しているのが新電力への切り替えなどによるコスト削減です

 

現在、所有するRCマンションでは東京電力と中部電力の供給を受けているところですが この機会に新電力も視野に入れ マンションの共用部分の電灯と低圧電力の切り替えを実施しようと思います

 

今回のコンセプトは“より安く!”です

電力会社によってメリットが異なります ひたすら安さを追求する電力会社もあれば 特典が豊富なところもあります

 

ですが 今回の目的がコスト削減ですので 勿論 安いものを優先してシミュレーションしました! シミュレーションの結果ですが、、、私が所有する9棟で 年額約28万8,000円の減額という結果になりました!

 

 

折角ですので今回のシミュレーションに登場した新電力会社や節約のポイントをご紹介します

 

 

私が所有するマンションは主に中部電力エリアに所在しますので 中部電力と新電力との比較になります

 

《電灯》

●まずはアンペア数を下げて基本料金の減額を!

 

●使用量が大きい場合は LPIO電気がお得

 

《低圧電力》

●Looopでんきがお得(使用量が大きければ大きいほどお得)

 

一番大きく節約となったのが 名古屋市内に所在のマンションです このマンションは電灯、低電圧ともに使用量が大きいマンションです

 

電灯40Aで1カ月当たり使用量約1,900kwhといった状況なのですが ここで使用量が大きければ大きいほど力を発揮するLPIO電気への切り替えを行うと、、、中部電力と比較して年額9万6,000円程度安くなるのです

 

低圧電力についても然り Looopでんきに切り替を行うことで 年額24,000円以上の減額となり 結果的にこのマンションの共用部分だけで年額120,000円以上安くなるのです 切り替えない手はないですね!

 

新型コロナウイルスの影響がまだ先が見えない状況です 出来ることは確実に履行!この機会に アンペア数の見直しをはじめプラン変更、電力会社の変更等、コスト削減に目を光らせていきましょう

ではでは。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました