ビル再生への軌跡 2

リアルに語る不動産投資

こんにちはカケルです

これから数回にわたって 現在行っているコンバージョンについてシェアしていきます

2019年3月に購入した8階建てのRC物件で 1~4階が飲食店テナント、5~8階がレジデンスという構成です

レジデンスについては満室を維持できているのですが テナント部分はというと・・ 退去もあって 現在は5部屋が空室という状況です

仲介会社様にも尽力してもらいましたが もはやテナント需要が弱いので 入居は困難と判断 レジデンスへのコンバージョンを実施することにしたのです

そもそも購入時からコンバージョンを想定していました

レジデンスの方が需要が高いエリアですし、、飲食店は人不足が顕著です 家賃が安いからといって簡単に出来る状況ではありません

またこのビルは賃貸平米単価がレジデンスとテナントの単価とほぼ一緒で それなら 安定的で需要が高いレジデンスに変更しようというのが戦略でした

ここで気を付けなければならないのは 工期完了をどこにするか! ですね

的外れな時期にリノベーションを終わらせても 入居付けに窮する可能性が十分にあります

であれば、春の引っ越しシーズンに間に合わせるべきであって 現在進行中のリノベーションはまさにそのタイミングで行っています

 

さてさて 話は変わりレイアウトはどうするか? これについては色々と考えました

入居の対象を単身の20代男性に絞り ホテルライク仕様も頭の片隅に置きながら案を練りました

元々はスナックであり 鏡張りの部屋もあります そういった個性的な尖がり部分は残したい!これをそのままフラットにするのも勿体ないかなと(^^)

当初案ではカウンターを残してスナックの面影を残した特殊なレイアウトを考えていました しかしながらリフォーム業者様との現場確認を行っていたところ スナック仕様は配置状の問題点が幾つかあって 打ち合わせをするうちに、気が付けば結局フラットに・・

まあ、手段が目的にならなくてよかったのかなと 結果オーライですね

そういう訳で いよいよ業者様を入れてのリノベーションが始まりますが 次回は施工主支給などについてお話しますね

では。。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました