ビル再生への軌跡4 完結編ビフォーアフター

リアルに語る不動産投資

こんにちは、カケルです

ビル再生への軌跡!最終記事です

元々はスナックとして稼働していたテナント4戸をレジデンスへコンバージョンしています

これまでの記事で コンバージョンに至った経緯、施工主支給による節約術等を順次紹介しています

過去の記事はこちら↓

 

さてさて 当初案ではカウンターなどスナックの面影を残した特殊なレイアウトを思案していました

個性的な尖がり部分を残して アイデンティティのある物件をイメージしていたのです

しかしながら リフォーム業者様との現場確認を行ったところ スナック仕様は配置状の問題が幾つかあって 打ち合わせをするうちに気が付けば結局フラットに・・・笑 

まあ、手段が結果にならずに結果オーライでした、、

 

いよいよ今回、リフォーム後の様子をご紹介しますが その前に今回のリフォームのポイントをもう一度おさらいいます

和風スナックの現状から現在のトレンドを取り入れた令和スタイルへ
部屋の一角にシャワールームを設置!
トイレは段差のある和式からウォシュレット付きの洋式へ!壁面タイルはDIYでペイント

 

他にも色々ありますが やっぱり文字で書いても伝わりにくいですね! 百聞は一見にしかず、只今からビフォーアフター写真でご紹介します

 

【ビフォーアフター】

テナントからレジデンスへのコンバージョン!! 昭和レトロのスナックテナントが令和の新スタイルレジデンスへ! どうでしょう!!

昭和のスナックが清潔感あふれるワンルームへと生まれ変わりました

シャワールームが仕切られることなく部屋の一角に存在するのも斬新ですよね

【まとめ】

今回は テナント4戸のコンバージョンを行いました!

立地上、テナントが埋まる見込みが少なく レジデンスにコンバージョンした方が収益を見込めると判断し実施した施策です

今のところ新型コロナウイルスの影響もあったのか 3月中にこの4部屋すべての入居を決めるまでには至っていませんが レジデンスとして息を吹き返した令和スタイルの凛とした部屋の佇まい そしてレジデンスのニーズの多いこの立地に 今回のビル再生の手応えを感じております

コメント

タイトルとURLをコピーしました