空き家(空室)率・件数のNO1都道府県は?

リアルに語る不動産投資

こんにちは、カケルです

今回は空き家、空室状況について触れます

空き家に関する記事は2回目で 昨年大晦日に空き家の現状について説明しています

当時の記事では、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計」「平成30年住宅・土地統計調査」総務省を根拠に 人口のピークや世帯数のピーク、空き家率などを取り上げています

因みにここでいう空き家とは 賃貸住宅、マンション等の空室も当然含んでおり その過半数は賃貸の空室とのこと

参考で 前回の記事の要点を列挙しておきますね!

現在日本の人口は減少傾向にあるが 世帯数は増加傾向
2023年に世帯数がピークを迎え その後減少に到る見込み
住宅総数は5年前と比較し2.9%増加
空き家率13.6%

詳しく確認したい方はリンクを付けていますので覗いてみて下さい

さて 今回の記事では空き家率の高い都道府県ランキングと、低い都道府県ランキングを紹介します

「平成30年住宅・土地調査」に紹介されていました!

何処と思いますか?

空き家率が最も高いのは山梨県(21.3%)、2位が和歌山県、3位が長野県です
そして 空き家率が最も低いのは埼玉県と沖縄県が同率(10.2%)、3位が東京都という結果です

こういう結果でした。でも、惑わされてはいけません!この順位はあくまで空き家率!

都道府県別空き家数を見れば、最も多いのが東京都80万戸でNo1です!

空き家率1位の山梨県は9万戸、そもそも分母が違うようですね

東京都に限らず 在宅数の多い神奈川県は48万戸、千葉県38万戸、大阪府70万戸、愛知県39万戸といった具合です

これをみると首都圏を中心に空き家大国は東京都といえるようです

さてさて、都道府県別の数値を並べれば上記の結果となりますが これはあくまでも参考にとどめ 我々としては自身の投資エリアごとに確認し

賃貸の 需要<供給

といった空き家(空室)過多エリアを避けるといった目線が必要でしょう

大家業を営む者としては 需要>供給のエリアは何処なのかを正しく見極めることになります

更に言えば エリアだけでなく、物件そのものの立地と周辺環境を見極めたうえで、空室リスクをカバーできる条件で 物件を購入することが求められます

これを見誤って需要がないエリアを選択すれば あっという間に空き家の仲間入り、そもそも需要がなければ戦略を立てても巻き返しがきかず、空回りするということです

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました