最新な 11695【ライカMマウント】 f5.6/28mm M ズマロン カメラレンズ ライカ-カメラ用交換レンズ 最新な  11695【ライカMマウント】 f5.6/28mm M ズマロン カメラレンズ ライカ-カメラ用交換レンズ







往年の銘玉が復活。目立たずに撮影したいルポルタージュ写真に最適な、超コンパクトな広角レンズ。

■レンジファインダーカメラ「ライカMシステム」のレンズラインアップを拡充する新レンズ
「ライカ ズマロンM f5.6/28mm」は、当時ウェッツラーにあったライツ社の工場で1955年から1963年まで製造された、スクリューマウント方式を採用した同名のレンズをベースにした、復刻版ともいえるレンズです。旧モデルは、これまでの広角のMレンズのラインアップの中では最もコンパクトな部類に入るレンズで、個性のある描写を実現するオールドレンズとして知られています。今回発表の「ライカ ズマロンM f5.6/28mm」は、旧モデルのコンパクトな構造と描写力を受け継いでおり、デジタル主流の現代において他とは一線を画す、フィルム写真のような描写が可能です。

■光学設計と本体の構造
光学設計と本体の構造は旧モデルと同一ですが、単なるオールドレンズの再現ではなく、最新の光学技術を駆使して高水準な仕上げを施すことで光学系をつくり上げています。外観デザインでは、旧モデルの特長をすべて取り入れながら、レンズの本質を突き詰めてさらに磨きをかけました 。また、全長が2cmにも満たない非常にコンパクトな設計を実現しており、控えめなデザインのM型カメラとの組み合わせは、目立たずに撮影したいストリート写真に最適です。さらに、被写界深度目盛がわかりやすく記されていることや、フォーカスリングを回す量に対してピントが合う範囲の変化が小さいことから、大まかなピント合わせが素早く行えます 。

■レンズ構成
レンズ構成は4群6枚で、絞りを中心に前後対称にレンズを配置しています。これは旧モデルと同じ構成で、名高い銘玉の構成を一切変更せずにそのまま再現しています。これにより、絞りを開放にすれば画面のほぼ全体で高いコントラストが得られます。また、きわめて深い被写界深度、自然なコントラスト、ディテールの緻密な再現、ビネッティング効果という特性により、他のレンズでは実現できない独特のフィルムライクな表現を楽しめます。

■デザイン
各部の細かなデザインは、現行のMレンズと同じスタイルで統一しており、フォーカシングロックボタンの形状、絞りリング 、ローレットを現代風にアップデートしています。また、現行のM レンズと同様に、バヨネット部には6ビットコードを備えています。さらに、付属のレンズフードは、旧モデルと同様のデザインで、ビンテージのレンジファインダー用レンズを思い起こさせます。このレンズフードは、無垢の真鍮から削り出され、丁寧につくり上げています。

■Made in Germany
設計と開発は、ライカのすべてのレンズと同様に、ドイツ・ウェッツラーのライカが誇る精密技術と光学技術のスペシャリストが行っています。また、最高品質の素材だけを用いてすべて手作業で丁寧に製造し、末永く価値を維持する“Made in Germany”のレンズとしてきわめて高い信頼性を確保しています。最先端のテクノロジーと手間を惜しまない製造工程が一体となり、ライカのレンズはいずれも優れた品質が保証されています。
フィルター径【フィルターマウント】フロントマウントの内側にねじ込み式フィルター(E34)用のねじ 非回転式
レンズ構成4群6枚
画角(対角線、水平、垂直)75°、65°、46°
最小絞りF22
最大径×全長φ約51mm×約18mm(先端からバヨネットフランジまで)
最大撮影倍率01:33.0
最短撮影距離【撮影距離】1m~∞ 【最短撮影範囲】801×1201mm
仕様【入射瞳位置(バヨネットからの距離)】2.4mm(無限遠時)
対応マウントライカMマウント
本体重量約165g

最新な 11695【ライカMマウント】 f5.6/28mm M ズマロン カメラレンズ ライカ-カメラ用交換レンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ『鉄華団 入団試験』
開催日

2016/08/17-08/31 ※毎日
2016/09/01-10/02 ※金土日祝 

エリア 東京

概要参加者は、有料ゾーンを会場に体力テストを行ったり、暗号を解読したりと、体力・勇気・知恵・洞察力・観察力が問われる試験内容をクリアしていきます。

KIPON Pentax645-GFX M マウントアダプター P645GFXM

開催日

2016/07/24 18時開演
2016/07/26 20時開演
※開場は開演の30分前

エリア 福岡/博多

概要皆さんは、地獄見学ツアーの参加者。楽しい見学ツアーを終えて、あとは帰るだけ、のはずだったのですが、なぜか帰ることができません!このままでは、永遠に地獄暮らし、つまり、死んでしまいます!